コンドームが中で抜けたらアフターピルプリベン

コンドームが破損したり、膣内で抜けるなどのトラブルで、避妊に失敗した場合、性行為後に飲むことで避妊効果が得られるのがアフターピルです。「プリベン」は、アフターピルとしてアメリカFDAが認可している安全な薬で、高い効果があります。ただし、日本では販売されておらず、国内の産婦人科では中用量ピルで代用するか、緊急避妊薬ノルレボが処方されるケースがほとんどです。
プリベンを服用する際には、性行為後なるべく早く、72時間以内には2錠服用してください。1回目の服用の12時間後に、2回めとして2錠服用します。
妊娠中や重度の高血圧の人、35歳以上で1日15本以上タバコを吸う人、糖尿病、肝腫瘍のある人は、医師と相談してください。
プリベン服用後に、吐き気を感じることがありますが、1時間以内に嘔吐した場合には、成分が吸収されていない可能性があるため、医師と相談して再度服用してください。あらかじめ、吐き気止めの薬を飲んでもよいでしょう。
プリベン服用後の生理は、予定日より早くなったり、遅くなることがあります。生理の出血も、通常とは違う場合があります。生理が来ない場合や、出血がいつまでも続く場合には、受診して相談してください。
生理が来て初めて、避妊出来たことがわかります。また、避妊効果は直前の性行為に対してだけで、服用後の性行為には避妊効果がありません。服用後すぐに性行為は可能ですが、排卵がずれている可能性もあるため、妊娠を望まないなら、確実に避妊しましょう。
プリベンで緊急避妊をした後に、低用量ピルを服用する場合には、次のようにします。1週間以内に消退出血があれば、次の生理初日から開始し、1週間過ぎて消退出血があれば、その日から服用します。