ピルの服用で太りたくないなら目的を良く考えて

経口避妊薬として知られているピルは、様々な情報をかいつまんで聞く事も多くていろんなうわさを耳にしてはやっぱり止めておこうかなと思う女性も少なからずいるのではないでしょうか。メリットもあればデメリットがあるのは当然ですが、服用をすることで太るという話を聞いた事もあるでしょう。女性の場合は体重は減らしたくないと考えて常日頃からダイエットをしている事も多いので、太りたくないからピルは飲めないと考えて諦める事もあるかもしれません。

そもそもなぜピルを飲むと太ると言われているのでしょうか。擬似的な妊娠状態を体の中で作り出すと、エストロゲンが食欲を増進させていき、プロゲステロンは体に水分を溜め込もうとしていくのでむくみやすくなります。食欲のままに食べてしまえば体重は増加しますし、運動もあまり出来ないようであればむくんだままの体はどんどんさらにむくんでしまいます。自己管理がきちんとできるのであれば、運動をして食事制限を行い、間食も必要最低限にするような工夫をしましょう。

ピルを利用する目的はいろんな理由があります。避妊はもちろんですが、生理痛の緩和や周期の一定化などもあります。太るというのは一時的なもので、継続して飲み続けていくことで体が安定すれば解消されたりもします。どんな効果を求めて服用を考えているのかをはっきりさせてから利用を始める方が、太ったとしてもきちんと食欲などもコントロールが出来るのでいいのではないでしょうか。また、服用するピルによっても体質的に合うもの、合わないものがあるのでそれを相談して違うものを利用することでも改善することがありますので、医師と話し合いながら服用するものを決めて下さい。