病院で処方のピルと有効成分を抽出したサプリ

生理のおよそ十二日ぐらい前から生理の日までに引き起こされる苛立ちや頭が痛くなったり、胸が張ったり、お腹が痛くなったりする症状についてはPMSの疑いがあります。
PMSを診察したり治療したりする病院は産婦人科や婦人科だけでなく、精神科や心療内科でも診てくれる場合があります。
しかし、できれば産婦人科か婦人科で診察してもらい、PMSにかかっているかどうかを明確にする必要があります。
PMSの積極的な治療を望んでいる場合は、診察を受ける前に病院の公式サイトなどを閲覧してPMSを積極的に治療している、お医者さんかを確認しておく必要があります。
PMSは女性であれば誰でも多少症状があるため他の人に迷惑をかけるような事態でない限りは、積極的に治療しない考えのお医者さんもいるからです。
産婦人科か婦人科で診察を受けると問診だけということがほとんどですが、病院の中には内診を行い、血圧を測定したり、血液検査をしたりした上で低用量のピルや漢方薬が処方されることがあります。
PMSの治療には低用量のピルか漢方薬が使われます。
低用量のピルは女性ホルモンが僅かに含有されていて、生理の周期や女性ホルモンを整えることによりPMSによるつらい症状を抑えることが可能になります。
PMSは漢方薬も効果があり、低用量のピルのように効き目に即効性はないものの、体質を徐々に改善していきながら効いていきます。
PMSはサプリメントも有効で、γリノレン酸のサプリメントはPMSの症状がある人の血液の濃度を高める効果があります。
γリノレン酸は月見草や母乳などに微量に含まれているだけなので、γリノレン酸を摂取するためにはγリノレン酸が抽出されたオイルでできたサプリメントが効果的です。